ギター練習:孤独の旅路「Heart of Gold」のミューティング

ブログの本来の趣旨とかなりずれてしまいすが、最近はギターに夢中です。
毎週一回ヤマハ系のギター教室で習っていますが、今の挑戦曲が「孤独の旅路」(Heart of Gold)。かっこいいんですが、出だしのEm7の消音(ミューティング)が難しいです。
基本的にミューティングでストローク後に右手の小指側の端で弦を軽く触るということなのですが、なかなか難しいです。
あまり早いと弦の音が消されてしまい、ブラッシングという別の音になってしまいますし、すべての弦の音を消さなくてはいけません。いや、消すというよりはとめるというイメージでしょか。 あまりゆっくりではせっかくの迫力も消えてしまいます。
まだまだ習得できませんが、先生のアドバイスの手をギター、あるいは弦に押し付ける、あるいは軽く たたくようなイメージが少し良かったように思います。手をギターに平行に動かすだけでなく、立体的に垂直方向にも動かす意識でしょうか。